スタッフ紹介

霧島 宏海(きりしま こうかい) 本名:星宏海

 

■有限会社 庭匠霧島 代表取締役社長 

平成25年7月1日より代表取締役社長に就任。

■国家資格 1級造園施工管理技士

■一般社団法人 日本庭園協会 本部 評議員(最年少) 他に本部の国際活動委員 総務委員などを兼任

(社)日本庭園協会本部主催の庭園技術連続基礎講座で第1回から第10回(2010年~2018年)の現在に至るまで事務局を務める。  神奈川県支部 広報委員会 委員長

■イタリア モンツァ園芸学校 講師 日本庭園育成コース 年に3週間ほど授業を受け持つ。

■フランス パリ郊外の古城にて日本庭園の技術セミナーを受け持つ 年1回

■年齢
41歳


■経歴
県立相原高校環境土木科造園コース卒業
国土建設学園造園緑地工学科卒業


新横浜にある奈良造園土木(株)で元請の現場監督を3年間経験
現場監督時代の携わった現場

港が見える丘公園
新横浜駅前公園
横浜動物園ズーラシア
横浜国際総合競技上などを手がける

一般社団法人日本庭園協会本部 造園CPD推進委員(協会代表として)2011年まで。
日本庭園協会神奈川県支部役員 (27歳で最年少役員に就任)
2012年神奈川県支部 副支部長に就任(最年少(35歳)で副支部長になりました。2015年まで)
2012年、社団法人日本庭園協会本部の総務委員に就任。
2013年、社団法人日本庭園協会本部の国際活動委員6名の中に就任。
2014年、社団法人日本庭園協会本部のホームページ政策委員に就任
2014年、社団法人日本庭園協会本部の100周年記念事業実行委員に就任
2016年、社団法人日本庭園協会本部の中枢機関である評議員に最年少で就任
2016年、イタリア ミラノ郊外の園芸学校Sucuola Aguraria del Parco di Monzaという園芸学校にてヨーロッパ初のプロのガーデナーを対象とした日本庭園の専門技術を学ぶ特別コースを現地イタリア人と設立し、特別講師に就任。そのご毎年基礎コースと上級者コースの授業を受け持つ

2015年、ローマ日本文化会館では初めて日本の庭師としてローマ市民150人に対して「日本庭園の倫理と美学」というテーマで講演会を開催。

2017年鎌倉市社会福祉協会にて鎌倉市民に対し日本庭園の講演会

2017年 イタリア・トリノ郊外の町ブランディッツォにて日本庭園工事に着手 5カ年計画

2018年4月フランスにて日本庭園の技術セミナーに招かれ現地ガーデナーに5日間指導。

その他 精力的にイタリアで盆栽愛好家に対して日本庭園の技術のワークショップなどをおこなう。

ヨーロッパ(スペイン・ポルトガル・フランス・イタリア)やアメリカのガーデナーも弊社で技術指導を受け入れるなどの国際的に日本庭園の技術普及にも力を注いでいる。

神奈川県支部 若手庭師集団「庭盛会」発起人

2010年より生け花 草月流を学ぶ。


高梨 唯人 (たかなし ゆいと)

 

2014年2月10日入社 23歳。

父親が弊社社長と同い年であり、同じ町内で造園業を営む。長男として生まれ、幼き日より父親の仕事を見て、自身も植木屋さんになることを決意。

人当たりが良く、体力にも自信があり、持ち前の明るさで仕事を盛り上げてくれています。

小田原の高校を卒業後、神奈川県川崎市にある造園の職業訓練校に1年間通い、他の造園会社から内定をもらうが、弊社の庭師への修行を決意して入社。

石積みを好み、石の表情をうまく見据えて積むことが出来るようになってきた。

また手入れに於いても近年成長著しく、”木の声”が聞こえるようになってきた。

将来有望な庭師として親方の片腕として今日まで修行の日々を送っています。

庭師補工

2015年より生け花 草月流を学ぶ。

星 佳代 ( ほし かよ )

 


2017年 5月 入社

京都外国語大学 中国語学科 卒業後

高津理容美容専門学校・美容科卒業

17年間、美容師として勤務。店長を任され後に系列店舗で働く80人以上を始動する立場に。

星宏海との結婚を機に大阪での美容師生活を終え、神奈川で生活を始める。

2015年以降、霧島宏海の通訳として海外のイベントに同行、

    海外からの受け入れで語学のサポートをしつつ、庭師の仕事を体験。

2017年初頭から、美容師と庭師を兼務するも美容師を辞め、庭師の道を志すことを決める。

女性らしい感性と透かし剪定等の手入れの才能があり、そのポテンシャルに驚くことが多い。

現在、親方・兄弟子に囲まれ、修行中 造園工